瑕疵担保責任について

住宅の問題として、住むにあたり注意したいのが瑕疵状態です。
雨漏り状況や白アリ被害などの欠陥を瑕疵と言います。
その中で、買主が知りえない瑕疵を、法律上隠れた瑕疵と言うそうです。

もし、その隠れた瑕疵が後で判明した場合、買主は売主へ損害の賠償を求める事ができます。
分かっていて黙っていたわけですから、そこに責任が生じるのは当然です。
また欠陥の状態の重大さによっては契約の解除を求めることもできます。
このような責任を瑕疵担保責任と言います。

売買契約では売主が瑕疵担保責任の有無、責任を負う場合は物件の引き渡しからどのくらいの期間などが決められます。
ただ、隠れた瑕疵をめぐるトラブルが後を絶たない状態です。
それを避けるために、売主側は物件の瑕疵について誠実に情報提供をすること。
買主は隅々までしっかりと物件を確認することが必要になってきます。
住宅を見ても専門的なことが分からないのであれば、住宅診断を行っている専門家に依頼すると良いでしょう。
物件取引業者が売主の場合、2年以上の瑕疵担保責任を負うことが義務付けされています。

新築住宅の場合はほとんどのケースで売主が不動産会社なため、住宅について10年間は瑕疵担保保険が義務付けられています。
またその範囲にもトラブルが多いので詳細を言うと、具体的には主要構造部分になり基礎、柱、屋根、外壁などです。
また売主が倒産などをして瑕疵担保責任を果たせない場合、その状況を回避するために引き渡し時に売主は保険への加入か保証金の供託が決まっています。
売買契約の際、売り主は買い主に対して重要事項説明として、瑕疵担保責任について説明が必要になるのでしっかり確認するように。

なお、契約時に瑕疵担保保険についての定めが無かった場合、売主が瑕疵担保責任を負うのは、買主が隠れた瑕疵の存在を知ってから1年以内と民法で決まっています。
瑕疵について他にも色々と法がありますので、各自で調べて下さい。

中古物件は早い者勝ち

中古物件の選定基準というのは人それぞれ持っているものです。
新築を買うよりも安く、自分達が求めている条件に合っているという物件であれば良い中古物件です。
中古物件の可能性は新築には無いものがあります。

どうすればそんな中古物件に巡り合う事ができるのか、それはもうどれだけ情報を集められるかだと思います。
たくさんある不動産情報、ネットの新着物件特集だったり、常に新しい中古物件が世に出ています。
中古物件というだけで新築よりも劣るように聞こえます。
しかし、その中古物件に何かしらの改善すべき点があったとしてもリフォームで解決できる場合もあります。
物件価格を比較したとき、新築と中古どちらが安く済むのか、検討の候補に上がるかと思います。
またどれだけ安く手に入れることができるのか、というのもついでに知っておくとお得なお買い物ができます。

中古物件を選ぶ場合、築年数だけを見て古い物件は相手にしない、という人もいます。
築年数が古ければ古いほど住みにくい、と考える人が多いからかもしれません。
が、中古にしかない土地というものがあります。
たとえ築年数が古くても、そこが他に無い好条件な土地だったらどうしますか?
そこに理想的な立地条件があっても、家が古いからという理由で見送りますか?

土地の価値とは人によって異なります。

良い条件に建った中古物件が、破格の安さで売られている場合があったりします。
ただ、駅から近いなどの利便性が高い、普通の生活がしやすいところはそれなりの価格はします。
が、それ以外の条件で探すのであれば中古物件というのも良いと思います。

どんな物件がいつ売りに出されるか分かりません。
常にアンテナを張って、どういう物件があるのか色々と住みたいセリアから探してみると良いと思います。
土地を買って新築を建てる、という方法よりも中古物件を買ってリフォームするという方法の方が得だったりします。
中古物件では特に早い者勝ちの世界です。魅力的な物件を見つけたらつばを付けておくと良いでしょう。

裏技の真偽

ポイントサイトの裏技と言っても、目を惹くようなものはありません。
大体がネットで調べれば出てくる方法です。
それをなぜ大袈裟に裏技などと言っているのかと言いますと、そうした方が多くの人に見てもらえるからです。
裏技って少しお得感がありますよね、だからです。

でも実際に中身を見てみたら、「知ってるやり方じゃん」というのがほとんどだと思います。
これもに事情があって、その裏技情報を公開しているのはポイントサイト熟練者ではありません。
もちろんそういう人が親切心で掲載している場合もありますが、ほとんどがポイントサイトなどやった事が無い人達です。
そこに記載されている情報が別のどこかのサイトで見たことがあるやり方、というのはそういう事情があります。
まぁ、書いた人がどこのサイトを参考にしたのかによりますが嘘の内容ではないかと思います。

ポイントサイトで特殊なコマンドを入れれば大量ポイントがゲットできる、なんてシステムはありませんからね。
どうしても公開している裏技に偏りが出てきてしまうのは仕方の無いことです。

中には性質の悪い情報もあります。
その書いた本人がその情報の真偽を確かめない場合です。
それは質の悪い情報を拡散しているだけに過ぎず、とても有益とは言えない内容になっている場合です。
また最悪なのが、その嘘情報を参考に、その人が別サイトで同じような情報を記載すること。
伝言ゲームのような感じです。
それを繰り返していけば、やがて元の情報とは大きく異なって裏技として別のサイトで掲載されるというループを作り出します。
だからネットにある情報は完全に信用したら危ない、と言われているのです。
特にこの手のようなポイントサイト、出会い系、副業は特にそうです。

はっきり言って、そのサイトに記載されている情報の真偽なんて二の次です。
ある種の広告なので、多くの人に見てもらえればその情報の真偽なんてどうでも良かったりします。
怖いですよね。でも、そんなやり方がまかり通っているのがネットの世界です。

ポイントサイトの現実と理想を見よう

ポイントサイトを利用して、一日でどれだけ稼げるのかと見ておいても損はありません。
それが基準になり、一週間で、一ヶ月で稼げる額の目安になります。

と、そこで確認して欲しいのは一日で1万円行けるかどうかです。
ネット上では1万円稼ぐのは簡単なように見えて来ますが、実際はどうなのか自分の目で確認しておいても良いかと思います。
おそらくどこのポイントサイトで1日で1万円を稼ぎ出すのは不可能ではないでしょうか。

案件単価で稼げるポイントは大体数十円程度です。
1000件以上の案件をたった1日でクリアしていかないとなりません。
丸1日犠牲にすればそれも可能でしょう。しかし、そんなに時間を割く事は可能でしょうか。
せいぜい100件も行けば良い方かと思います。

ポイントサイトにこなせる案件の上限はありませんので、時間が許せる限りやってみるのも良いでしょう。

ただポイントサイトはお小遣いサイトとも呼ばれています。
一日を無駄にしてポイントサイトをやるよりかは、アルバイトをした方が安定もしますし稼げます。
ポイントサイトで不労所得、というのは可能ではありますが、誰でも簡単にできるわけではありません。

しっかりと理想と現実を見て取り組むのが良いスタンスだと思います。
この手のものはどうしても理想が先行してしまい、現実に幻滅する場合が多いはずです。
それは大きな理想を抱いて始めるからに他なりません。

一日でどれだけ稼げるのかを確かめる行為は簡単にそこを見極められる手段です。ポイントサイトは決して夢のような稼ぎ場所、というところではありません。

ポイントサイトで稼ぎたい、その考え方は間違いではありません。
正解とも言えませんが、何よりも現実を見て効率的な稼ぎ方を見つけた方が良いかと思います。
合理的な方法があればやってみるのもひとつの方法です。
本格的に稼ぐとなると、その合理的な方法の上に専門的な知識が必要になってきます。

ポイントを稼ぐ、というのは簡単そうに見えてなかなかに奥が深いものです。

課金アイテムとポイントサイト

課金アイテムを無料で手に入れる裏技、と紹介されていたりします。
そこには大抵ポイントサイトが絡んでいます。
それもそうです、ポイントサイトを利用しないと無料で手に入れる事なんてできませんから。
まず、この方法には手順があります。

最初はポイントサイトへ登録するところから始まり、そのポイントサイトでポイントを貯めます。
その貯まったポイントをウェブマネーなどに換金します。
その換金したウェブマネーを使って、課金アイテムを入手するという方法です。

仕組みを知れば裏技でも何でもありません。
ただ普通にポイントサイトを利用している様子になります。

換金できるのは現金や商品券だけでなく、ウェブマネーにも換金できる、という事を知っていれば気づく方法。
大げさに裏技と言っているのは人の目を惹くため、という理由だけでしょう。
普通にポイントサイトをやっている人にとったら当たり前のことです。

しかし中には、課金アイテムをそのままあげます、というサイトもあります。
最初に断っておきますが、そういうサイトは不正サイトになりますのでご注意ください。
課金アイテムを買えるだけのポイントを貯めようというのが従来のポイントサイトであり、課金アイテムをそのまま渡すというのは不正行為です。
利用したところでメリットがないので、課金アイテムをそのままあげます、というのは避けましょう。

実際ポイントサイトで課金アイテムを購入するだけの額を貯めることは可能です。
その方法は前述したポイントを稼いで換金する方法が無難な方法になります。

この手のサイトにはよく、大量の課金アイテムを所持している画像が添えられているかと思います。
そこにそんな画像があったところで何の証拠にもなりません。
だからなんだよ、というレベルのお話です。
私はこれだけの課金アイテムをこの方法で入手しました、という宣伝になるのですが、どうにでも加工ができるので真に受けないように。
興味があったら手を出してみても……、そこから先は自己責任で。

ポイントサイトにある交換上限額を見て

大体のポイントサイトには交換上限額というものがあります。
これは規定のポイント以上を持っていないと換金できない、というルールです。
ポイントサイトには大抵そういう規定があったりします。
数十円しかポイントを稼いでいないのに、それを毎日換金されては運営元も大変でしょう。
そういう理由があるのかもしれません。

ということなのでポイントサイトでは規定のポイント以上を所有していないと換金できません。
その金額も、そのポイントサイトが稼ぎやすい環境かどうかを示唆するものだったりします。
ポイントサイトを利用する上でもっとも重要なのは、現金をどれだけ早く入手できるか、です。
早く現金を手にできるかどうかは、そのポイントサイト内に案件のポイント単価と上限額の金額次第です。
そういう点から見ていくと、早く交換上限額に達する事のできるポイントサイトの方が有利という事が分かると思います。
現金に限らず、早く換金できるところであれば問題ありません。

そこを見ていくにはどこが効率的に稼げるかを見定める必要が出てきます。
上限額は低いほうが良いでしょう。
低いところで300円から、高くても1000円から2000円ぐらいが上限です。
そのそれぞれ定められた上限額まで早く到達できるポイントサイトが優良と言えます。
コンスタントに換金できるポイントサイトの方が効率は良いですよね?
また換金できるだけでなく、入金までの早さも重要な要素になってきます。
中には高ポイントでユーザーを釣り、ポイントを与えても換金させない、というようなポイントサイトも存在します。
換金しても入金されなければすべてが無駄になってしまいます。

どこが適しているのかは比較サイトなどを参考にしてみましょう。
そこを見ればポイントサイトの詳細が記載されていたりします。
それらを照らし合わせて、やりやすいポイントサイトを選べば良いと思います。
しかし、そのポイントサイトへ登録する前には必ずそのサイトについての詳細の下調べだけはしっかりしてください。

ポイントサイトで注意すべき点

ポイントサイトの最大の強みは無料で誰でも始める事ができる、という部分です。
ほとんどのポイントサイトが無料で利用できますのでお金を払う、ということはまずありません。
たまにポイントサイト内にあるスポンサー広告の方で有料な場合があります。
それにさえ手を出さなければ無料で現金を稼ぐ事ができます。

ただ有料案件の方がポイントは貰えます。
無料案件と1.5倍から2倍ほどのポイント差があります。
が、支払った金額の額から見ると割り合うとは言えないのが現実です。
現金を支払ってそれ以下のポイントしか貰えないのであればやる理由がありません。
そこは各々がご判断して下さい。

ポイントサイトを始めるために必要なのはフリーメールアドレスだけ。
個人情報を記入してくれ、と言われる事もありますが基本はフリメアドレスだけです。
しかし、ポイントサイトで危惧されていることがあります。
それが個人情報の流出です。
実際にこの問題はポイントサイトでは非常に多いです。
ポイントサイトでは現金だけでなく、商品券、ネットバンクに入金する事も可能になっています。
なのでその商品券、ネットバンクなど氏名や住所がどうしても必要になる事があります。
このときに個人情報が奪われる、という事があります。
またこれはポイントサイトだけでなく、中にある案件でも同じことが言えます。
高いポイントの案件には注意しましょう。
また必要以上に個人情報を記入しないことです。

こういうことをしているポイントサイトには特徴があります。
まずは色々な人に登録して欲しいために、色々な人が登録したくなるような仕様になっています。
利用する人をまとめて登録させるのに都合の良い謳い文句。
登録時に数千ポイントをプレゼント、などの高ポイントが絡んだキャンペーンです。
登録するだけで大量のポイントを貰うことができる、それを見れば登録したいと考える人が出てくるのは確実です。
そして換金できない高ポイントを渡しておけばその広告は嘘ではありません。
稼げるサイト比較などで上位になっているのも安心できるわけではございません。
こういう事もあるので注意してください。

無料であるメリットを活かそう

在宅人気ワークの一つとしてポイントサイトがあります。

ポイントサイトはどこも大抵無料で利用する事ができます。
登録するのにお金を取るポイントサイトはそう無いでしょう。
ただ、登録するのは無料ですが中にあるポイントが発生する案件が有料な場合があります。
無料ポイントサイト(一部有料)というやつです。

そしてこの有料にもいくつか種類があります。
まずは商品を購入してポイントを獲得できる案件、もうひとつは有料登録してポイントを得る案件です。
前者は欲しい商品であれば購入しても良いかもしれません。
が、後者の有料登録はあまりオススメできません。
ポイントが発生するのは登録したときだけでしょう。有料登録というのは月々いくら払って、というものが大半です。
という事は登録したら解約しない限り払い続けないとなりません。
一度でも登録してしまえばその瞬間に料金が発生します。手間などを考えると面倒なだけです。
しかも、無料案件よりも得られるポイントは超多いのかというとそうでもありません。

お金を払って登録しても、払った金額以上稼げなければ登録する理由って薄いですよね?

そういう事もありますので有料登録は避けた方が無難です。
中には無料でそのポイントサイトには登録できるが有料案件しかない、という場合もあります。
まず間違いなく稼ぐことはできません。
そういうポイントサイトは広告を見てもらうことよりも、そういうサイトへ登録させる事が目的になっています。
そういったポイントサイトはスポンサーサイドと運営元がグルになって悪いことしているケースが多いです。

せっかく無料ポイントサイトを利用しているのですから終始無料で行きましょう。
元手がタダで現金が手に入るだけ得しています。
金額の大小はありますが、元手がタダという部分が重要です。

無料ポイントサイトの最大のメリットは無料で利用できることです。
タダでポイントが稼げるのであればそっちの方がリスク無く安全に稼ぐ事が可能になります。
無料という利点を活かしてポイントを稼いでください。

裏技サイトが多いワケ

ポイントサイトで言われる裏技というのはどういう定義なのでしょうか。
何を持って裏技というのか、その部分が非常に曖昧です。
誰も知らない方法、もしかしたらバグ技などの事をいうのか、個人的には”効率的な”方法の事なのではと思っています。
研究に研究を重ねた最も効率的な方法、というのが人目を惹く裏技という言い方をしているように思えます。
実際効率重視なのでどれだけ時間を掛けずに稼ぎ出す事ができるのか、という部分に集約されます。
そこにポイントを稼ぐ楽しさ、というものは存在しません。
徐々に貯まっていくポイントを見るのが楽しい、という人のにはオススメな方法です。

結局ポイントサイトを利用するという事はポイントを貯めて現金化したい、という事だと思います。
ほかに利用する理由もありませんから。
この広告が気になるから、というよりもこの広告をクリックすれば何ポイント入手できるのか、という部分に目が行くはずです。
それがポイントサイトの在り方で、ユーザーの求める部分ではないでしょうか。
ポイントサイトは広告に付き合えばポイントを貰えます。
ポイントが無ければただの広告サイトの集まりで、興味が無い人以外はまず利用しないでしょう。
そこにポイントが発生し、現金化できるという事で多くのユーザーの目を惹く事ができている、と思います。

裏技サイトが多いのも、そういう理由があるからです。
需要がかなりあるのでしょう。
ただ広告を見るだけでポイントが貯まって行く。なら、どうすれば効率的にポイントを稼ぐ事ができるのか。
そこに関心が集まるのも納得ができます。
副収入サイト

こう見ると、ポイントサイトの広告に対してどれだけユーザーが興味無いのかが分かります。
誰でも手っ取り早くポイントを稼ぎたいと思っているです。
スポンサー側も、ポイントサイトの運営側も、それは十分に分かっていると思います。
だから取っ付きやすい案件は低ポイントに設定しているのではないでしょうか。

入金をしないサイトへ鉄槌を

ポイントサイトで換金して入金されるまでの時間の平均は大体2日から3日になります。
早いところでは即日というサイトもあり、長いところで5日程度になります。
普通のポイントサイトではそのぐらいの期間になると思います。
しかし、ネットの掲示板などを見てみると1ヶ月経っても、3ヶ月経っても入金されない、という事もあるようです。
そこまで伸びると忘れているか、そもそも入金する気がないと見るべきでしょう。
どちらにしても直接その運営元へ連絡をした方が良いと思います。そこでどちらのつもりなのか分かるはずです。
入金する気があって忘れていたのか、もともと入金する気なんて無かったのか……。
それを確かめるつもりで連絡してみると良いと思います。

どちらにしてもそういうトラブルが起こった場合、そのポイントサイトはもう使わない方が良いでしょう。
そこで気づてくれたとしてもいつまた同じことが起こるか分かりません。
その度に運営元へ連絡するのも億劫になると思います。
また入金していないのが故意である場合、その対応はまた違ったものになります。
そこは泣き寝入りするか、徹底的に戦うかのどちらかになります。
泣き寝入りの場合は諦めるだけですが、徹底抗戦の場合は違ってきます。

まず法律家の名前を出して、訴訟を起こしますよ、と言ってみてください。
そこで相手の対応が変わると思います。
ダイレクトな言い方も良いですが、そんな臭いをかもし出すような言い方の方が効果的でしょう。
実際訴える気がなくてもこの人、マジでやる気なのか? と思わせれれば勝ちです。
相手にどれだけ本気なのかが伝わればベストです。
あまり遠まわしな言い方をしてしまうとその気持ちが伝わらない場合があります。的確に用件を伝えることができれば良いので、へんなやさしさは必要ありません。
だって入金を忘れていた方が悪いんですから、それに対しての憤りというのは普通です。
それでも満足できないのであれば各掲示板にそのサイトを名指しで批判する書き込みを行うのもアリでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ