ポイントサイトにある交換上限額を見て

大体のポイントサイトには交換上限額というものがあります。
これは規定のポイント以上を持っていないと換金できない、というルールです。
ポイントサイトには大抵そういう規定があったりします。
数十円しかポイントを稼いでいないのに、それを毎日換金されては運営元も大変でしょう。
そういう理由があるのかもしれません。

ということなのでポイントサイトでは規定のポイント以上を所有していないと換金できません。
その金額も、そのポイントサイトが稼ぎやすい環境かどうかを示唆するものだったりします。
ポイントサイトを利用する上でもっとも重要なのは、現金をどれだけ早く入手できるか、です。
早く現金を手にできるかどうかは、そのポイントサイト内に案件のポイント単価と上限額の金額次第です。
そういう点から見ていくと、早く交換上限額に達する事のできるポイントサイトの方が有利という事が分かると思います。
現金に限らず、早く換金できるところであれば問題ありません。

そこを見ていくにはどこが効率的に稼げるかを見定める必要が出てきます。
上限額は低いほうが良いでしょう。
低いところで300円から、高くても1000円から2000円ぐらいが上限です。
そのそれぞれ定められた上限額まで早く到達できるポイントサイトが優良と言えます。
コンスタントに換金できるポイントサイトの方が効率は良いですよね?
また換金できるだけでなく、入金までの早さも重要な要素になってきます。
中には高ポイントでユーザーを釣り、ポイントを与えても換金させない、というようなポイントサイトも存在します。
換金しても入金されなければすべてが無駄になってしまいます。

どこが適しているのかは比較サイトなどを参考にしてみましょう。
そこを見ればポイントサイトの詳細が記載されていたりします。
それらを照らし合わせて、やりやすいポイントサイトを選べば良いと思います。
しかし、そのポイントサイトへ登録する前には必ずそのサイトについての詳細の下調べだけはしっかりしてください。

ポイントサイトで注意すべき点

ポイントサイトの最大の強みは無料で誰でも始める事ができる、という部分です。
ほとんどのポイントサイトが無料で利用できますのでお金を払う、ということはまずありません。
たまにポイントサイト内にあるスポンサー広告の方で有料な場合があります。
それにさえ手を出さなければ無料で現金を稼ぐ事ができます。

ただ有料案件の方がポイントは貰えます。
無料案件と1.5倍から2倍ほどのポイント差があります。
が、支払った金額の額から見ると割り合うとは言えないのが現実です。
現金を支払ってそれ以下のポイントしか貰えないのであればやる理由がありません。
そこは各々がご判断して下さい。

ポイントサイトを始めるために必要なのはフリーメールアドレスだけ。
個人情報を記入してくれ、と言われる事もありますが基本はフリメアドレスだけです。
しかし、ポイントサイトで危惧されていることがあります。
それが個人情報の流出です。
実際にこの問題はポイントサイトでは非常に多いです。
ポイントサイトでは現金だけでなく、商品券、ネットバンクに入金する事も可能になっています。
なのでその商品券、ネットバンクなど氏名や住所がどうしても必要になる事があります。
このときに個人情報が奪われる、という事があります。
またこれはポイントサイトだけでなく、中にある案件でも同じことが言えます。
高いポイントの案件には注意しましょう。
また必要以上に個人情報を記入しないことです。

こういうことをしているポイントサイトには特徴があります。
まずは色々な人に登録して欲しいために、色々な人が登録したくなるような仕様になっています。
利用する人をまとめて登録させるのに都合の良い謳い文句。
登録時に数千ポイントをプレゼント、などの高ポイントが絡んだキャンペーンです。
登録するだけで大量のポイントを貰うことができる、それを見れば登録したいと考える人が出てくるのは確実です。
そして換金できない高ポイントを渡しておけばその広告は嘘ではありません。
稼げるサイト比較などで上位になっているのも安心できるわけではございません。
こういう事もあるので注意してください。

無料であるメリットを活かそう

在宅人気ワークの一つとしてポイントサイトがあります。

ポイントサイトはどこも大抵無料で利用する事ができます。
登録するのにお金を取るポイントサイトはそう無いでしょう。
ただ、登録するのは無料ですが中にあるポイントが発生する案件が有料な場合があります。
無料ポイントサイト(一部有料)というやつです。

そしてこの有料にもいくつか種類があります。
まずは商品を購入してポイントを獲得できる案件、もうひとつは有料登録してポイントを得る案件です。
前者は欲しい商品であれば購入しても良いかもしれません。
が、後者の有料登録はあまりオススメできません。
ポイントが発生するのは登録したときだけでしょう。有料登録というのは月々いくら払って、というものが大半です。
という事は登録したら解約しない限り払い続けないとなりません。
一度でも登録してしまえばその瞬間に料金が発生します。手間などを考えると面倒なだけです。
しかも、無料案件よりも得られるポイントは超多いのかというとそうでもありません。

お金を払って登録しても、払った金額以上稼げなければ登録する理由って薄いですよね?

そういう事もありますので有料登録は避けた方が無難です。
中には無料でそのポイントサイトには登録できるが有料案件しかない、という場合もあります。
まず間違いなく稼ぐことはできません。
そういうポイントサイトは広告を見てもらうことよりも、そういうサイトへ登録させる事が目的になっています。
そういったポイントサイトはスポンサーサイドと運営元がグルになって悪いことしているケースが多いです。

せっかく無料ポイントサイトを利用しているのですから終始無料で行きましょう。
元手がタダで現金が手に入るだけ得しています。
金額の大小はありますが、元手がタダという部分が重要です。

無料ポイントサイトの最大のメリットは無料で利用できることです。
タダでポイントが稼げるのであればそっちの方がリスク無く安全に稼ぐ事が可能になります。
無料という利点を活かしてポイントを稼いでください。

裏技サイトが多いワケ

ポイントサイトで言われる裏技というのはどういう定義なのでしょうか。
何を持って裏技というのか、その部分が非常に曖昧です。
誰も知らない方法、もしかしたらバグ技などの事をいうのか、個人的には”効率的な”方法の事なのではと思っています。
研究に研究を重ねた最も効率的な方法、というのが人目を惹く裏技という言い方をしているように思えます。
実際効率重視なのでどれだけ時間を掛けずに稼ぎ出す事ができるのか、という部分に集約されます。
そこにポイントを稼ぐ楽しさ、というものは存在しません。
徐々に貯まっていくポイントを見るのが楽しい、という人のにはオススメな方法です。

結局ポイントサイトを利用するという事はポイントを貯めて現金化したい、という事だと思います。
ほかに利用する理由もありませんから。
この広告が気になるから、というよりもこの広告をクリックすれば何ポイント入手できるのか、という部分に目が行くはずです。
それがポイントサイトの在り方で、ユーザーの求める部分ではないでしょうか。
ポイントサイトは広告に付き合えばポイントを貰えます。
ポイントが無ければただの広告サイトの集まりで、興味が無い人以外はまず利用しないでしょう。
そこにポイントが発生し、現金化できるという事で多くのユーザーの目を惹く事ができている、と思います。

裏技サイトが多いのも、そういう理由があるからです。
需要がかなりあるのでしょう。
ただ広告を見るだけでポイントが貯まって行く。なら、どうすれば効率的にポイントを稼ぐ事ができるのか。
そこに関心が集まるのも納得ができます。
副収入サイト

こう見ると、ポイントサイトの広告に対してどれだけユーザーが興味無いのかが分かります。
誰でも手っ取り早くポイントを稼ぎたいと思っているです。
スポンサー側も、ポイントサイトの運営側も、それは十分に分かっていると思います。
だから取っ付きやすい案件は低ポイントに設定しているのではないでしょうか。

入金をしないサイトへ鉄槌を

ポイントサイトで換金して入金されるまでの時間の平均は大体2日から3日になります。
早いところでは即日というサイトもあり、長いところで5日程度になります。
普通のポイントサイトではそのぐらいの期間になると思います。
しかし、ネットの掲示板などを見てみると1ヶ月経っても、3ヶ月経っても入金されない、という事もあるようです。
そこまで伸びると忘れているか、そもそも入金する気がないと見るべきでしょう。
どちらにしても直接その運営元へ連絡をした方が良いと思います。そこでどちらのつもりなのか分かるはずです。
入金する気があって忘れていたのか、もともと入金する気なんて無かったのか……。
それを確かめるつもりで連絡してみると良いと思います。

どちらにしてもそういうトラブルが起こった場合、そのポイントサイトはもう使わない方が良いでしょう。
そこで気づてくれたとしてもいつまた同じことが起こるか分かりません。
その度に運営元へ連絡するのも億劫になると思います。
また入金していないのが故意である場合、その対応はまた違ったものになります。
そこは泣き寝入りするか、徹底的に戦うかのどちらかになります。
泣き寝入りの場合は諦めるだけですが、徹底抗戦の場合は違ってきます。

まず法律家の名前を出して、訴訟を起こしますよ、と言ってみてください。
そこで相手の対応が変わると思います。
ダイレクトな言い方も良いですが、そんな臭いをかもし出すような言い方の方が効果的でしょう。
実際訴える気がなくてもこの人、マジでやる気なのか? と思わせれれば勝ちです。
相手にどれだけ本気なのかが伝わればベストです。
あまり遠まわしな言い方をしてしまうとその気持ちが伝わらない場合があります。的確に用件を伝えることができれば良いので、へんなやさしさは必要ありません。
だって入金を忘れていた方が悪いんですから、それに対しての憤りというのは普通です。
それでも満足できないのであれば各掲示板にそのサイトを名指しで批判する書き込みを行うのもアリでしょう。

商品購入はアリかナシか

基本的にポイントサイトは無料で利用する事ができます。
有料なところもあるとは思いますが、あまり見たことがありません。
有料だとするなら、その商品を購入したら何ポイントプレゼントとかそういうものになると思います。
スーパーなどで買った後で押されるスタンプみたいなようなものです。

正直、ポイント稼ぐだけなら商品を買いまくれば結構なペースでポイントが貯まって行きます。
が、その獲得できたトータルポイントと使ったお金のトータルを考えると絶対に釣り合わないはずです。
還元されたとしても埋め合わせるにはかなり足りないでしょう。
無料でポイントを貯められるのであればそれに越した事は無いはずです。

ポイントの高さだけを見るのであれば商品購入は非常に高いです。
それがあなたにとって必要なものであれば買っても良いと思います。が、別に必要なくてポイント欲しさに購入するのであれば考え直した方が良いと思います。
現金を稼ぐためにポイントサイトを利用しているのに、そこで稼いだ現金以上にお金を使っていては本末転倒になってしまいます。
目的はあくまでも現金を稼ぐための利用です。収入以上に支出が多いのであればそれはやり方としては間違っています。
しかし、その先に大きなポイント収入が見えた先行投資なのであれば問題ありません。

無料で稼ぐ事が可能であるならばそちらを活用しましょう。
お金を使うものに比べればポイントは低くなってしまいますが、無料で稼げるのであればそっちの方がお得です。
もちろん時間も掛かります。
タダで簡単に現金を稼ぐことができるのですからこの際文句は言えません。
しかしその部分はやり方と工夫でどうにでもできます。

ネットに上手に稼ぐ方法などが記載されています。
どうしたら稼げるのか、その方法を探すのに参考にしても良いかもしれません。
ポイントサイトの魅力は無料で現金を稼ぐ事ができる、という部分です。
もちろん考え方は人それぞれなので商品購入を目的としたご利用も全然アリです。

換金したのに入金されていない場合

ポイントサイトの中には換金したにも関わらず、入金されないという事もあるようです。
せっかく貯めたポイントが手元に来ないのです。
ちゃんとしたポイントサイトであればしっかりと入金されると思いますが、中にはそういうサイトもある事を忘れてはいけません。
そんなポイントサイトの情報がネット上にたくさんあります。
もしかしたらこれから登録しようと思っていたポイントサイトの名前が挙がっているかもしれません。
そういう情報は登録する前に調べておくことが大切です。

もし、いつまで経っても入金されないのであればいっその事その運営元へ連絡してみましょう。
もちろんその際は非通知が望ましいです。
そこで何度も言えば入金される可能性もあります。
が、それはあくまで可能性です。それでも入金されない場合は知り合いの弁護士に相談して法的な手段へ出ます、と言えば対応も変わるはずです。
しかしそこまでしないと入金されないというのもかなり面倒。
払う気のないものを無理やり払わせよう、というのもひとつの手段ではありますが、入金を希望する度に連絡するのは正直面倒です。
そのときは入金してくれたかもしれませんが、次もしっかりとやってくれるとは限りません。
一度でも入金を渋ったところは避けた方が良いでしょう。

利用するポイントサイトはちゃんと選んだ方が良いです。

早いところは即日、または数日後になります。
長くて1週間でしょう。それ以上経ったら連絡してみて下さい。
1、3ヶ月経って入金がされていない場合、もはや払う気がないと見て間違いありません。
登録だけで1万円などと言っているポイントサイトはその類いが非常に多いです。
ポイントはあげるけど換金できないよ、または入金しないけど、というものが典型的なパターンになります。
ポイント自体はあまりもらえないけどしっかりと換金してくれて、数日の間に入金してくれるポイントサイトが一番です。
もしポイントサイトへの登録を考えているのであれば、ちゃんとしたところを選んでください。

口コミ情報の真意を確かめてみよう

インターネット上の口コミ評価ほど信用できないものはない、と思っています。
どこの誰が何の目的で記載したのか分からない情報、それが口コミです。
それが信用するのに値するのかどうかが非常に微妙なところにあります。

ポイントサイトでも同じことが言えます。
そこのポイントサイトが良い、稼げる、優良サイトという口コミがあったとします。
それをどういう部分で信用できるのか。情報の発信源はあかの他人です。
そこに実際そのポイントサイトを利用した感想、という確証もありませんよね。
疑り深い、と言えばそうかもしれませんが、ネット世界、石橋を叩いて渡ることに越した事はないと思います。

そこで口コミ情報を確かめる方法があります。
実際に自分で利用してみることと、他の複数の口コミサイトを見てみることです。
どこのサイトでも同じことを言われていたら、そのポイントサイトはそういうポイントサイトという事になります。
あと少数意見よりも多数意見を参考にしましょう。
ひとつの口コミサイトでポイントサイトの中身を断定してしまうのは非常に軽率です。
なので複数の口コミサイトを調べてみて多くの意見を参考にして下さい。
不味い飲食店をとても美味しいお店でした、と言っているような感じの必要以上に絶賛しているとステマという可能性が非常に高いです。
その好評価が直接の宣伝になっている場合です。そういう可能性を懸念しての石橋を叩く方法になります。

実際に自分で使ってみるのも良いでしょう。
これは必要以上に深入りしない事が重要になってきます。
いつでも距離を置ける位置で利用することが大切です。「あっ、ここはダメだ」と思ったらいつでも手を引けるようにしましょう。
いくら一気にポイントを稼げるようなポイントサイトであっても、換金できなくては意味がありません。
換金までまっすぐに普通に行けるのであれば問題はありませんが、そうでなかった場合そこは稼げないポイントサイトです。

ポイント大量獲得の罠

ポイントを一度に大量獲得できるところは大体交換上限が高いか、換金レートがおかしい事になっている場合は多々あります。
たとえば登録時に5000ポイント貰えます、と言っているポイントサイトがあったとします。
そういうポイントサイトは登録したら5000ポイント貰えるかもしれません。
ただ交換上限が1万5千ポイントからで、そのサイトの中で登録や何やらで貰えるポイントは1ケタポイントしかない。
また1000ポイントで100円というレート、というどこを褒めれば良いのか分からないポイントサイトだったりします。

ポイントサイトを選ぶ際は一気に大量のポイントが貰えるようなところではなく、コンスタントに安定したポイントを稼ぐ事ができるサイトが無難です。
確かに貯めるまでに時間は掛かりますが、そこはやり方と根気よく続けられるかどうかでしょう。
一気に大量のポイントが貰えるのは確かに魅力的ですが、そう都合よく配っていない、というのが現実です。
だったら安全に確実にポイントを貯めたほうが良い、と個人的には思っています。
面倒なことが嫌いな方なので、面倒なことを避けるために面倒にならない面倒なことをする、という事でしょうか。

そもそもちまちまとポイントを貯めるのは苦手だ、という人にポイントサイトは合いません。
どれだけちまちまと時間を見つけてこまめにポイントを貯めていくかがポイントサイトになります。
大量にポイントを貯めたいと一気に貯めたい、というのは決してイコールではありません。大量にポイントが欲しい気持ちは分かります。
一回何かをしても数十円しかポイントが貰えないなら、楽なことをして大量にポイントを貰いたい。そうだと思います。
しかし、悪質なことを考えているところはそういう隙を突いてきます。
出会い系で言えばすぐに出会えてセックスができる、と言えば登録したくなりますよね?
ポイントサイトではそこが大量のポイントに変わっただけなのです。
ユーザーの何々がしたい、という気持ちを揺さぶる事が上手なのがそういったサイトになります。

登録時に5000円分のポイントをプレゼント?

ポイントサイトの中にも怪しいサイトは存在します。
例えば、登録するだけで5000円分のポイントが貰えるとかなかなか香ばしいです。
登録するだけで貰えるポイントの相場としては100円程度です。
登録するだけで高ポイントが貰えるようなポイントサイトは交換上限が非常に高く設定されており、また登録したとしても稼げるポイントがひとつにつき1ポイントとかそんな具合になります。
これでは5000円分もらえたとしても換金するまでにはかなりの手間と時間が必要になってきます。

この手のサイトは登録させる事が目的のため、換金させる気なんて毛頭無いのです。
交換可能最低ラインが高く設定されているため、即換金はできません。

またこの登録した時に発生したポイントは換金上限には加えられず、サイト内でポイント貯めて下さいとか言います。
これでは登録した意味がまるでありません。
登録時に高ポイントで釣るポイントサイトには要注意です。

困ったことにそういうサイトに限ってなかなか退会させてくれません。
利用しなきゃ良いだけなのですが、きっちりと決別したいですよね。でもあっちはなかなか別れようとは言ってくれないのです。
なのでポイントサイトを選ぶときは登録時に貰えるポイントに惑わされないように。

先ほど少し換金上限という言葉が出ましたが、ポイントサイトを選ぶのに結構重要な要素になります。
獲得したポイントを換金するためには、ポイントをいくらまで持っていないという換金するためのポイント上限があります。
ポイントを換金するのに指定されたポイント以上を持っていないと換金できないのです。
その上限がポイントサイトによって違うので、利用するときはそこに注目しましょう。
上限が低い方が早くポイントを換金する事ができます。
いつまでもポイントだけを貯めても使い道は無いのでさっさと換金できるところの方が効率的です。
人気のあるポイントサイトはどこも低い換金上限となっていますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ